TOP >  中国 株の歴史

                             

スポンサードリンク

    

中国 株の歴史

 中国株式の歴史は1990年にスタートしました。
現在はまだ20年たっていません。

そのため、中国の株式市場は年々大きく成長しています。
特に中国の経済成長の起爆剤となったのが、2001年に起きた中国株の急騰と言われています。

この頃は、アメリカのITバブルがはじけニューヨークの株が大暴落しました。
これは、実体経済が伴わないまま、株価だけ上昇していたためです。

日本でも10年にもおよぶ景気の低迷から脱することが出来ずに株も冷え込んでいたのです。
お金は有るが、投資しても危険な日本の株にはお金が回ってきていませんでした。

このような世界経済の中、真逆の動きで株を急騰させたのが中国だったのです。

そのため海外の投資家達の目は一気に中国という市場に向くこととなりました。
この背景には中国政府の「外貨獲得」を目指す政策もありました。
 投資が、投資先が安全かつ、高利回りの投資先を探している所へ、
中国の動きが重なり中国の株に金が流れ込みました。

WTO加盟後、中国の規制が徐々に緩和され、
海外の投資家が中国市場に参入しやすくなったことも大きな要因の一つとして、あげられます。

関連エントリー

中国 株の歴史